婚活中に絶対してはいけない7つのこと

恋人探し中、求愛中のNG行動

当サイトは、アラフォー、アラフィフ、アラシックス世代を対象としていますが、この記事に関しては全世代に共通していえることかと思います。

これをやると幸せな結婚が遠ざかってしまうNG行動ともいえる「やってはいけない事」というのがいくつか存在します。

よくある精神論ではなく、具体的な行動のみをお伝えしていきます。
それでは、さっそく見ていきましょう。

【1】自分のスペック調査

「私のスペックを判定してください。国立大学卒の地方公務員。45歳。身長160cm。体型は中肉中背で…」
などと、Yahoo!ヤフー知恵袋などに書き込んでいるのをよく見かけます。

そもそも、会ってもいない人間のスペックを計測することなど、誰ができるでしょうか?
こういうのは完全に時間の無駄だと思います。

それに、こういう時に人というのは、自分の都合の良いように自己紹介します。
結果、自分のスペックを過大評価することにつながってしまう可能性もあります。

反対に、心ないバッシングを受けて、自信喪失する事もあるでしょう。
自分のスペックは、過小評価しても過大評価してもよくありません。
自分の正確なスペックを知りたい場合は、少し言い辛いことを言ってくれる口の悪い友達に聞くといいでしょう。

【2】ペットを飼う

一人身の寂しさのあまり、ペットを飼ってしまう人がいますが、これは典型的なNG行動です。
理由は、チャンスを逃す可能性が出てくるからです。

ペットを飼っていると、餌やり&散歩等のため毎日必ず家に帰る必要性が出てきます。
ディナー後に、お相手から夜のお誘いがあった時でも、帰らなければなりません。
男でも女でも、ペットを理由に断られたら、ちょっと萎えちゃいますよね。

また、ペットを飼うことは、自ら交際相手の範囲を狭める事にもつながります。
2012年に行われた内閣府の調査によれば「ペットを飼うのが嫌い」と答えた人は、29.0%にものぼったそうです。

※参照元(動物愛護に関する世論調査|内閣府)
https://survey.gov-online.go.jp/h12/aigo/2-1.html

「犬を飼っている」「猫を飼っている」ただそれだけの理由で、恋愛・結婚の対象から外れてしまうことがあるということです。
ペットの匂いのついた服を着てるだけで、嫌われてしまう事もあるほどです。

うまく交際→同棲などに発展したとしても、引越し先の家がペット可とは限りません。
ペットは、相手が見つかってから、その相手と相談した上で飼いましょう。

【3】不動産を購入する

必ずしもマイナス要素になるとは限りませんが、婚活中にわざわざ不動産(一戸建て・マンション)を購入する必要はないと思います。
理由は、相手がその物件を気に入ってくれるとは限らないし、相手の家に住むことになるかもしれないからです。

最近では、一人暮らし用のマンションを買って、相手が見つかったら貸せばいいと思っている人がいますが、それは浅はかです。
普通の住宅ローンは、購入者がそこに住み続けることが前提で組まれているため、貸し出すことができないからです。
つまり、引っ越す場合は、売るしかなくなってしまうのです。

また、広さ的な問題や立地的な問題などで、相手が同居を拒むケースもあるでしょう。
「どこに住むか」ということは、非常にデリケートかつ大きな問題です。
2人で話し合って、決めた方がいいでしょう。

【4】転職・独立をする

転職や独立はダメな事ではありませんが、婚活中には極力しない方がいいでしょう。
これは言うまでもなく、特に男性は「勤続年数」が非常に重視されるからです。

たとえ収入が多くても、転職直後・独立直後というだけで拒否反応を示す女性というのは、いつの時代にも存在します。
また、相手の理解を得られたとしても、転職直後・独立直後は多忙になることが多く、デートの時間を確保できない場合もあります。

ストレス&パワハラで、今いる会社に辞表を提出してから転職活動したが仕事が見つからず、フリーターになってしまったという人を知っています。
そうなると、もう婚活どころではなくなってしまいます。

【5】先々の旅行の計画

旅行の早期割引が流行って久しいですが、あまりオススメできません。
理由は婚活中は、なるべく予定を空白にしておいた方が有利だからです。

ANAは、2018年5月から、355日前(約1年前)から購入可能な新割引運賃「ANAスーパーバリューアーリー」を新設しました。
JTBなどの大手旅行代理店も、早期申し込みで大幅割引となる旅行プランを発売しています。

ですが、婚活中は軽いフットワークができるように、できるだけ予定を空けておきたいものです。
私の友達は、2年前からロシアW杯を予約していましたが、結納の日と重なり、断念しました(笑)

女性の場合であれば、たとえば1年後には妊娠していて、飛行機に乗れない可能性だってあるでしょう。
婚活中は、婚活を最優先させましょう。

【6】交際後も婚活を継続する

「婚活は直列ではなく、複数の異性を並列で進行した方が良い」などとよく言われますが、相手が見つかった後もそれを継続していると、思わぬ落とし穴が待っている時があります。
せっかく見つけた交際相手にバレてしまう事があるのです。

たとえば、tinder(ティンダー)のような無料アプリの場合、そこで相手を見つけて付き合った後もアプリ内を物色していると、最終ログイン時間などから、利用しているのが相手にバレてしまいます。

特に女性は、多くの婚活サイトが無料で利用できますから、うっかり退会しないでいるだけでも、相手男性に「俺じゃ不満なのかな?」と疑われてしまいます。
マッチングアプリ、婚活サイト、結婚相談所などは、交際がスタートしたらキッチリと退会しておきましょう。

【7】その他(時間を無駄にする行為など)

オンラインゲーム、旅行、模型製作、株式投資など膨大な時間を要する趣味などを新たに持つことは非常に危険です。
特にオンラインゲームは、グループで行動する必要があったりと、ユーザーがなかなかやめられない仕掛けがいくつもしてあるので要注意です。

株式投資も、勉強や情報収集などに膨大な時間が必要です。
金銭的な損失がなかったとしても、「時間」というそれ以上に大事なものを失っている事に気付かないといけません。

SNSやブログなども無料ですが、オススメできません。
たまに自分の婚活状況をいちいちブログの記事にしている人がいますが、あれも時間の無駄以外の何物でもありません。
万が一、相手にバレた時などは、せっかくの縁談がオジャンに…なんてことも無きにしもあらずです。

スポンサーリンク

シェアする