10歳老けて見える女性の特徴と改善策

老け顔女性の特徴

匿名のアンケートをとると、女性の年齢は「28歳」がダントツに多いのだそうです。
匿名なのに年を誤魔化すのが、女性という生き物なのです。
永遠の若さは、全ての女性の永遠のテーマなのかもしれません。

老化の速度にはかなりの個人差がありますが、いつまでも若々しい人と、そうでない人の違いは、一体どこにあるのでしょうか?
「シミ・シワがある」など当たり前のことは置いておいて、ここでは年齢よりも老けて見られる人の特徴と、その改善策を考えてみました。

【1】現実的・悲観的である

「宝くじが当たった瞬間に、見た目が10歳若返った」
という話を聞いたことがあります。
未来を楽観視している人は、若く見えることの証だと思います。

年を取れば取るほど、心配事ばかりが増え、リスクマネジメントばかりするようになります。
挑戦する前から物事を諦め、起きてもいない災害や不幸に怯え、眉間にシワを寄せながらストレスを溜め込んでいきます。

若く見える人に共通していること、それは楽観主義だということです。
「面白そうだからやってみよう」「悪い事は起きてから考えればいいや」と、ある程度のほほんと生活していた方が若々しく見えます。

【2】一昔前のメイク方法

化粧品メーカーの戦略によって、常に新しいメイク方法が提案され、世の中に定着していきます。
それは写真に日付がなくても、女性のメイクを見れば、おおよその年代を特定できてしまうほどです。

昔のメイクをしていると「昔の人」という認識をされやすいです。
高い化粧品を使えなどとは言いませんが「メイクの仕方」には気を使うべきでしょう。

女性誌やファッション誌などをパラパラ見ているだけでも、美意識が現代版にアップデートされます。
年に1度くらいは、化粧品売り場にいる美容部員さんにメイクしてもらうのもいいでしょう。
劇的な変化が体験できるかと思います。

【3】洋服のサイジングと色

私の友人のスタイリストは「ファッションの基本にして最も重要なのはサイジングだ」と言っていました。
でも、それを高らかに宣言してしまうと、誰も自分達のネット通販店で洋服を買わなくなってしまうので、ネット上のスタイリストは、皆この事に言及しないのだそうです。
ネットって怖いですね(汗)

どんなにオシャレな服でも、サイズが合ってないと格好悪く見えます。
特に女性は高齢になると「体型をカバーするようなオーバーサイズの服」や「ユルユルタイプのスウェットパンツ」などを着がちです。
洋服の基本は、ジャストサイズだと覚えておきましょう。

色に関しては一概に「グレーやベージュではなく、パステルカラーや派手色のチョイスを」とはなりません。
派手色などは、人によっては無理して若作りしているように見えてしまい、逆効果だからです。

似合う色というのは、人によっても、年代によっても、季節によっても違います。
こればかりは、信頼できる友人か洋服屋の店員さんの意見を参考にしましょう。

【4】歯が汚れている

歯のホワイトニング ビフォーアフター

歯のホワイトニングによる若返り効果は、男性よりも女性の方があると言われています。
口を思い切り開けられるようになることで、表情まで明るくなるのも良い点です。

最近では、歯を白くする歯磨き粉から歯医者さんで行う本格的なオフィスホワイトニングまで実に色々な方法がありますが、最も手っ取り早いのが「歯の消しゴム」です。

スティックタイプ、スポンジタイプなど様々な種類があり、ドラッグストアで数百円~千円程度で入手することができます。
鏡の前で数分間ゴシゴシするだけという、極めて即効性のある若返り方法なので、歯が汚いな…と思った人は、是非とも試してみてください。

【5】髪型・髪色

目の虹彩部分

実は、その人に合った自然な髪の色には法則があり「眉毛と、瞳の虹彩部分の中間の色」にするのが良いと言われています。(白目の内側の茶色い部分が虹彩)
ヘアサロンで「おまかせ」をオーダーすると、美容師さんはこの法則に従ってヘアカラーの色を決めるのです。

一般に日本人の場合は、瞳の色は年齢を重ねるつれ、徐々に明るくなると言われています。
なので、それに合わせて髪の色も少しずつ変化させていくと、ナチュラルで若々しい印象になるのです。

髪型に関しては、トレンドもあるので、非常に難しいです。
個人的には「美容師さんに完全おまかせ」がオススメです。
素人があーだこーだ注文をつけるよりも、客観的に見たプロにやってもらった方が良いに決まってます。

いつも自分でオーダーしているという人は、是非一度「完全おまかせ」でやってみてください。
間違いなく、違った自分に会えると思います。

【6】老けメガネ

たとえば「金縁の丸メガネ」をかけていれば、実年齢より確実に老けて見られます。
またレンズの度数の強かったりすると、その屈折率により目が小さく見えてしまうので、これも老けて見られる原因の1つになります。

現在メガネの人は、できればコンタクトレンズにした方が婚活なども有利になると思います。
身体的な理由から、どうしてもという人は、なるべく若々しいメガネをかけましょう。

「JINS」や「zoff」など、若者をターゲットにした眼鏡店で買えば、極端なハズレを引くことはないでしょう。
ここでも自分で選ばずに、店員さんにどれが自分に似合うか聞く勇気が必要です。

【7】姿勢の悪さ

姿勢の悪い人は老けてみられるだけでなく、不健康、消極的、陰湿的、無気力、鬱っぽい、疲れているetc…というイメージを持たれやすく、百害あって一利もありません。

特に、立っている時も座っている時も常に前かがみという「常時猫背」は問題アリです。
いったん猫背になると、体幹部分の大きな筋肉があまり使われなくなるため、より一層猫背になるという研究結果もあります。

確かに、正しい姿勢をキープしていると、ちょっと疲れます。
疲れているということは、筋肉を使っているということなのです。

「猫背は楽は姿勢だが、決して良い姿勢ではない」と、お医者さんも口を揃えて言っています。
常時猫背な人はもちろん、そうでない人も、常に正しい姿勢でいることを意識してみてください。

やり方は簡単。まずは壁を背に立ってみてください。それがまっすぐな正しい姿勢です。
そして、そのままの姿勢をキープしながら歩くイメージです。
若返り効果だけでなく、健康にも良いので、一石二鳥です。

【8】太りすぎ・痩せすぎ

「食べたい時に食べたい物を食べたいだけ食べる」
というのは、食料が乏しかった1万年前の人類には理にかなった食べ方でしたが、飽食の現代でこれをやると確実に太ります。

ぽっちゃり体型の人は、それだけで「オバサン」として認識されるだけでなく「自己管理ができていない」という烙印を押されます。
もうこればっかりは残念ながら即効性のある対策は存在していないので、普段から「適度な運動と節制のある食事」を心がけていただくしかありません。

さて、太りすぎもダメですが、痩せすぎも高齢者を想起させてしまうので、老けて見られます。
また、パリコレモデルのようなガリガリ体型を好む男性は殆どおらず、女性的魅力にも欠けます。

沢山食べているのに全然太らないという人は、消化機能が低下している可能性(栄養素として体内に取り入れられていない)があります。
心当たりのある人は、一度、内科 or 消化器科を受診しましょう。

【9】おばさん体型

おばさん体型そのものも老けてみられる原因ですが、それ以上に良くないのが、おばさん体型になる事により、それを隠すためにオーバーサイズの服を着たり、運動不足になったり、色々な事を諦めてしまったりと、老化に拍車がかかることです。

男性も、一旦メタボになってしまうと、諦めモードに突入して更にメタボになるという悪循環に陥ることがありますが、女性でも同じようなパターンになってる人を最近よく見かけます。

一昔前までは、「摂取カロリーさえ減らせば痩せられる」「汗さえかけば痩せられる」など間違ったダイエット知識が蔓延していましたが、今では「糖質制限」や「4日おきの筋トレ」など、ほぼ確実に痩せられる方法が多数発見されています。
ネット上にも多くの情報がアップされていますので、興味のある人は調べてみてください。

【10】美とは健康そのもの

恋愛学者に言わせれば、男性が美人を好む理由は、健康な子供をたくさん産んでくれる可能性が高いからなんだそうです。
(適応度の最大化)

シンメトリーな顔立ちやリズミカルな身のこなしは、健康状態が良好であるというメッセージを相手に伝えます。
また、美しいロングヘアーやバランスの良い整った体型は、何年もの間、大病を患っていない事の証明になります。

不健康なダイエットや、オーバーワークとなるような過激な運動をして、美に近づくことはないと多くのお医者さんも断言しています。
まさに、美とは健康そのもの。
言い換えれば、不健康になれば、美からも遠ざかるということです。

ここで改めて書くほどのことでもないですが、やはりつまるところ「適度な運動とバランスの良い食事」です。
今すぐ全てを完璧にするなんてことは無理でも「不健康は美の大敵」ということだけは、覚えておいてください。

スポンサーリンク

シェアする